意外と簡単?警備員として働くメリットと注意点

警備員として働くメリット

日本には数多くの職種が存在しますが、中でも一般の人の安全な生活を守ることを役目としているのが警備員です。警備員として働くメリットの中でも大きなポイントとして挙げられるのが求人募集の多さになります。お店や企業ビル、工事現場など警備員が活躍できる場所はたくさんあるので、自分の希望する条件に一致した所を探すことが可能です。需要に対して人材が不足している上に大半の所が特別な資格を必要としないため、年齢や性別を問わず採用されやすいのも魅力と言えます。働きやすさも警備員ならではのメリットの一つです。会社によって若干の違いはありますが、自己申告のシフト制を採用している所が多く、自分のペースで働いていけます。仕事内容も比較的単調で未経験でも安心です。

仕事をする上での注意点

警備員は働きやすさなど数多くのメリットがある反面、気を付けなくてはいけない点もいくつかあります。中でも警備員ならではの苦労として挙げられるのがクレーム対応です。道路工事における歩行者からの苦情、施設内でのトラブルに関する問い合わせなど、仕事を通して様々なクレームを受けることがあります。全く非がない自己中心的な内容であっても、誠実に対応をしなければいけません。警備員の仕事は巡回や交通整備といった単純なものばかりなので、経験のない人でも働くことは可能です。しかし、単純作業であるがゆえに特別なスキルを身に付けることができません。仕事を通して何かを学びたいとい考える人にとってこの点はデメリットと言えます。

警備員の求人は、交通誘導や施設巡回などいろいろな種類があり、勤務開始前に法定研修を受けることで、高齢の人や学生、主婦なども無理なく働けるものが多数あります。