どんな仕事をするの?工場の仕事の種類と作業内容

工場の仕事の種類とは

工場と一口に言っても、工場を必要とする業界や業種は多種多様に存在しています。代表的な工場としては、食品を作る工場をはじめとして、自動車や機械を作る工場、薬品を作る工場などをあげることができます。工場の種類によって作業内容や注意点も異なるので注意が必要です。

代表的な作業内容の製造作業

工場で行われる作業内容として代表的なものは、製造作業です。原材料となるものを加工や成形を行って、製品の素材となるものを切り出す作業のことを言います。食品工場や自動車工場など多種多様な種類の工場で行われている作業です。食品工場ならば、食材の切り出しや調理作業のことを言います。小規模の工場で職人が行う作業もこれに該当します。機械化がすすめられており、オペレーターマシン作業なども行われます。

商品を完成させる組み立て作業

素材を組み立て、製品を作り上げる組み立て作業も工場で行われる作業のひとつです。小規模の工場ならば製造から組み立てまでを一人で行うこともありますが、規模が大きくなればなるほど、大人数で分業作業となる傾向にあります。

最終的なチェックの梱包作業

完成した製品に瑕疵がないかを最終的に人の目で判断する作業が、検査と梱包の作業です。目視で行うことが多いですが、手触りや音で判断するほか、専用の機械を用いて検査することもあります。問題がなければ商品パッケージに詰め込んでの梱包作業です。

ピッキングと出荷作業

梱包された製品は、倉庫や工場などで保管されますが、その保管場所から出荷場所まで運ぶ作業がピッキングです。指定された数を指定された場所まで手際よく運ぶ必要があります。また、出荷作業は商品が傷つかないように梱包する作業も含まれます。

茨城の工場の求人の中には、女性が活躍している工場の求人も多数出ています。更衣室やトイレなどの衛生面や、子育てに関する福利厚生が充実している工場も求人を出しています。