就職のときの仕事探し!既卒はどういう扱いになる?

既卒は就職活動でどういう扱いになるのか

大学や短大などで学生のうちから就職活動をすると新卒採用の枠を利用することができます。大々的な採用活動が行われて求人もたくさんあり、キャリアによらずに応募できるものがほとんどなので色々な将来像を考えられるのが魅力です。しかし、学生のときに就職活動をしなかったり、就職活動で失敗してしまったりすると既卒になります。既卒になってから就職活動をするときには新卒と同じだろうと思っている人もいるかもしれません。しかし、既卒の場合には新卒と全く同じようにエントリーできるわけではなく、対象外になってしまっていることが多いのが実態です。また、就職のタイミングが限られてしまうことから、一般的に既卒の人は中途採用枠で募集を探しています。

既卒対応のエージェントを使おう

既卒の人は新卒の人と比べても、社会人経験がある中途採用の人に比べても不利になりがちです。若いという点では新卒と同様に魅力がありますが、就職活動で失敗したのではないかと疑われてしまうと不利になるのは明らかでしょう。中途採用の人に比べると若いのは武器ですが、キャリアも経験もないので戦力にはならないと判断されます。そのため、既卒でもぜひとも採用したいと考えている企業からの募集を探すのが大切です。実際には新卒の獲得に失敗している中小企業は多く、既卒の人を若くてポテンシャルがある人として重宝しています。このような企業からの求人を探し出すには既卒対応のエージェントを使うと便利でしょう。

ネットワークエンジニアは、様々なウェブサービスが順調に作動しているかどうか管理をするうえで不可欠な職種と言えます。